株式会社ウルフアンドカンパニー

2023

7/3

【開校後すぐにお問い合わせ殺到!】アフタースクールだからこそなし得る、子どもを豊かに育て、未来につなげる教育カリキュラムとは? 『BODAI Kidsmate』|堺市東区

東区に、充実のカリキュラムと子供の立場に立った保育で人気のこども園があるのをご存知ですか?
こちらのこども園は、《のびのび・にこにこ・きびきび》をモットーに、昭和53年に幼稚園として開園した、45年の歴史あるこども園さん。

近くにお住まいの子供さんはもちろん、遠方から通う子供さんも多くいらっしゃるとのこと!

そんな『幼保連携型認定こども園 菩提幼稚園』とは、どんなこども園なのでしょうか?

 

目次

先代の想いを引き継ぐ《農業体験》と歴史

『幼保連携型認定こども園 菩提幼稚園』は、先代の園長先生が、元々農業をされていたそうで、「子供達に日頃から農業や自然を身近に感じてほしい」、「教育を通じて地域に貢献したい」という想いから、学校法人松本学園を開園されたそうです。

先代の意思を引き継ぎ、現在も自園で農園を持たれていて、

じゃがいも掘りや玉ねぎ抜きなど、子供たちは年間を通してさまざまな作物の収穫体験ができます◎

土に触れ、自分の手で収穫することで、食べ物の大切さや大地の恵みを学ぶ事ができるのは、子供たちにとっては貴重な経験になりますね。

子供たちも先生も《のびのび》過ごせる開放的な施設!

『幼保連携型認定こども園 菩提幼稚園』の施設は、子供たち目線で考えられた施設です。

まずは園庭。こども園とは思えないほど広々としていて、園庭で運動会が開催できるほどだそう!

年齢関係なく毎日全員で遊ぶそうですが、園庭が広いおかげでケガはほとんど無いそうです◎

自分より小さい子たちに遊びを教えたり、自分より大きい子たちの真似をしたり、年齢関係なく接することで、思いやりや社会性、協調性を自然に育むことができますね。

園庭のもう一つの特徴は、ビオトープ

ビオトープとは、さまざまな生き物が生息する空間のことで、園生活でメダカなどの小さな生き物を観察する事ができます。

園長先生は、「自然や小動物に触れる事で労わる心を子供たちに養ってほしい」と仰っていました。

子供たちが長い時間を過ごす園舎にも、こだわりがたくさん!

南向きの明るい園舎は、南側がガラス張りでいつでも教室や廊下に温かい光が差し込みます。

子供たちは園舎の中にいても、たくさん日光を浴びることができますね◎


そして吹き抜けの螺旋階段も開放感抜群でおしゃれ!

子供たちの元気な歌声が響きます!


各教室も通常より広めに設けているそうで、制作や行事の練習など行いやすく、子供たちの居心地の良さを追求した、思いやり溢れる空間となっています。

《きびきび》メリハリのある充実の授業内容と行事

『幼保連携型認定こども園 菩提幼稚園』では、さまざまな授業が行われています。

 

《英語教育》《ヒップホップ授業》は、小中学校の必須科目になっており、気になっている親御さまも多いはず。

《英語教育》ネイティブの先生と子育て奮闘中のお母さん先生と楽しく学びながら、「英語って楽しい♪」と思ってもらえるよう取り組まれています。

課外教室にはよりハイレベルな教室もあり、ステップアップしやすい環境ですね。

《温水プール指導》《体育指導》もあり、《体育指導》では挨拶やケジメなどの指導も行われています。

いずれも体を動かすことが大好きな子供たちは、「今日は何の授業があるかな?」と、通うのが楽しみになりますね♪

また、行事もたくさん予定されています。

《コンサートミュージカル》や《生活発表会》など、日々の園生活の積み重ねから生まれる子供たちの成長を間近に感じられる、親御さまにとっても大切な場面ですよね。

お正月には《おもちつき》や《凧揚げ》、イベントや季節ごとに変わるメニューが魅力の、自園で作られている安心でおいしい給食も、毎日の子供たちの楽しみのひとつになりますね♪

先代の想いを引き継ぐ《農業体験》と歴史

『幼保連携型認定こども園 菩提幼稚園』では、通常の授業の他に、希望者に課外教室が用意されています。

こちらは卒園後、小学3年生頃まで続けて通うことができるそうです!

《新体操》や《ピアノ》教室のほか、プログラミング英語教室も人気だそう。

昨今、小中学校の授業で必須科目になったり、タブレットを用いた授業など、数年前から子供達の教育内容に変化があり、「将来の為に早くから取り組ませたい」、「楽しみながら新しい事に挑戦させたい」と考える親御さんも多いとのこと。

プログラミング》教室では、プログラミング的思考を体得し、トライアンドエラーを繰り返しながら、考える力・諦めない心を育てることを目的としているそう。

園生活の延長で、お友達や先生と楽しく過ごしながら身についていくのは理想的ですよね!

《にこにこ》が溢れる!個々の想いを大切にした保育

『幼保連携型認定こども園 菩提幼稚園』の子供たちは、とにかく元気いっぱい!!!

広い空間で身体をたくさん動かし、さまざまな経験を積みながら、心身ともに日々大きくなられることと思います。

先生たちも、子供たちの立場に立って日々考え、お父さんお母さんのように一人ひとりを思いやり、誠意を持って保育されています。

園長歴45年の松本園長は、「子供たちにも先生にも、45年で培った経験を全部教えていきたい」と仰っていました。

とても優しく朗らかな松本園長の雰囲気が、先生に伝わり、先生から子供たちにも伝わって、居心地の良い空間が広がっているんだな、と感じました。

《のびのび・にこにこ・きびきび》笑顔と元気溢れる『幼保連携型認定こども園 菩提幼稚園』へ遊びに行ってみよう!

《幼保連携型認定こども園 菩提幼稚園》は、子供たちの心に寄り添ったあたたかい保育を実践し、笑顔で優しくて活発な子供たちが育つ、素晴らしいこども園だとわかりました!

 

「実際の雰囲気をみてから入園したい」、「子供が人見知りだから慣らしながら入園したい」などの不安を抱えるパパさん・ママさん必見!!!

 

毎日の園庭開放の他に、入園前の0.1.2歳のお子さまが対象の《ニコニコランド》が、スタートします!

 

《ニコニコランド》は、年間を通して(隔週程度)、さまざまな遊びを先生と一緒に親子で楽しんだり、お友達と遊んで過ごします!

とても充実した内容ですし、入園前から先生やお友達と触れ合うことで、いざ入園となっても親子ともに安心ですよね。

ぜひ一度、菩提幼稚園へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか♪

《満3歳児対象 入園説明会》日程は、
  • 4月15日(土)10時〜
  • 6月15日(木)10時〜 
入園は断然、満3歳児からがオススメです◎

《ニコニコランド》は、3月27日(月)10時〜菩提幼稚園にて受付スタートです!

募集人数に限りがありますので、お申込みはお早めに!

【施設情報】

 

園名幼保連携型認定こども園 菩提幼稚園
住所大阪府堺市東区菩提町1丁26番地
電話番号072-286-1871
HPhttps://www.matsumotogakuen.ac.jp/bodai/
Instagramhttps://instagram.com/bodai.yotien?igshid=YmMyMTA2M2Y=
アクセス南海高野線「初芝駅」より徒歩10分
駐車場・駐輪場有り
開演時間(教育時間)7:30〜19:30(月・火・木・金曜日 8:50〜15:00/水曜日 8:50〜13:00)
保育定員285人

 

 【令和5年度 空き状況(3月27日現在)】

  • 0歳児 6名
  • 満3歳児 4名
  • 4歳児 1名
上部へスクロール